CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
COUNT
TOTAL
Today
Yesterday
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 国際交流 『世界の子育てを知ろう!フランス編』 八本松児童館 | main | 鶴巻児童館 ♪カゴメ蠅気鵑反道劵ッキング(^^♪ >>
カゴメ株式会社 オムライスをつくろう in 鶴巻児童館

みなさんこんにちは。鶴巻児童館の志賀です。

 

さて、2月ってあっという間ですね。

気付いたらもう年度末を迎えようとしています。

 

そんな2月は鶴巻児童館にカゴメ株式会社さんが2度も来てくれました!!

 

4日に小学生対象のトマトがおいしい『オムライスをつくろう』

16日に乳幼児親子対象の『野菜のカラフルハッピークッキーをつくろう』

を行いました。

 

夏はカゴメさんから苗をもらって育てたトマト瑣ァ校”の収穫や、凜々子を使った様々なクッキングを行っていますが、今年は『初!!』のオムライスづくりです。

一緒に報告しようと思っていましたが、また件の長いやつの影響が出てしまうので…別個で報告したいとおもいます( ;´Д`)

 

とにもかくにも、ドキドキの子どもたちの様子へレッツゴー!!

 

CIMG9705.jpg

 

まずはオムライスですね!!

 

遊戯室に特設で設けられたクッキングスタジオ。

東京から講師に来ていただいたのはカゴメ株式会社の管理栄養士さん。

(今回は児童館スタッフネームに合わせ、ニックネーム『パクパク』さんと『モグモグ』さんに教えてもらいます)

子どもたちは仮設アイランドキッチンで説明をうけます。

 

『へぇ〜、そうなんだ!!』

『あぁ、それお母さんやってるの見たことある!』

『そうやってつくるのね。よし、がんばってつくってみよう!!!』

 

 

・・・なんて言葉は皆無。

みんな緊張、そして真剣な眼差しで話を聞いています。

 

そして、いざ調理開始!!!

CIMG9712.jpg

CIMG9713.jpg

CIMG9718.jpg

CIMG9723.jpg

まず調理の下準備。

とにかく切る切る切る。

鶏肉を切る。

たまねぎを切る。

ピーマンを切る。

 

??

って、あれ?

切るものこれだけでいいんだ…

後でレシピとかもアップしますが、正直こんなに簡単にオムライスって作れるんだってびっくりしました。

 

そして、そのあとはチキンライスを作ります。

油を敷いて、鶏肉、玉ねぎ、ピーマンの順番で炒めます。

CIMG9729.jpg

CIMG9732.jpg

CIMG9737.jpg

 

そしたら、オムライスづくり一つ目のポイント。

「ごはんを入れる前に、最初にトマトケチャップを加えていためる」

こうすることで、ご飯にもまんべんなくケチャップが付きやすくなるそうです。

 

CIMG9749.jpg

ケチャップ…けっこう入れるんです。

ひとり当たり大さじ2杯。

でも、後で食べると分かりますが絶妙な味わい。

旨味、甘味、酸味…

後で食べて『家庭で作ってこんなに美味しく出来るんだ…』と思いました。。。

(決して大げさに言ってませんよ!狄べ物関してだけ”は嘘をつきません…他のことは少しつきますけど笑)

 

CIMG9752.jpg

 

ご飯を入れて、白い部分がなくなったらチキンライスの完成!!

容器の片側に入れておいて、卵に包むスタンバイをしているのです。

 

そして、丁寧な女子に対して、ダイナミックにも仕事の早かった男子。

CIMG9754.jpg

3人で協力しながら、ワイワイやっている姿はとてもオムライス作りをしている工程には見えず…活気のある中華料理屋のようでした(笑)

調理しながらはじめましての人とも交流を深めるって良いですよね。

 

 

さてさて、そんなこんなでチキンライスも作り終えたらいよいよたまごの登場。

仕上げになるわけです。

「さぁ、いよいよ次は卵をまいて完成させますよ!」

というパクパクさんの声に、子どもたちの表情、反応は最初とは打って変わって前のめりになっています。

 

「あ、俺たまご割ったことあるよ!」

「へぇ〜、そうやるんだ〜」

などの言葉が飛び交います。

何より、キッチンとの距離が近づきましたね(笑)

 

CIMG9760.jpg

 

さぁ、最後の仕上げはスピードが命。

まずは卵をよ〜くかき混ぜます。

CIMG9762.jpg

あ、そういえば一人卵2個使うのですが、上の写真の子は珍しくも双子の卵が入っていたのでした。

何だかこういう特別な時にそういうサプライズは特に嬉しいですよね。

 

それから、ここで2つ目のポイント。

「油を敷いたフライパンに卵を流し込むときは一気に全部入れること」

入れたら全体が半熟になるまでかき混ぜます。

CIMG9770.jpg

こんな感じですかね。

ある程度火が通ったら、ここで3つ目のポイント。

「半熟の状態で火を止めて、真ん中のところにチキンライスを置く」

をします。

この「火を止める」をわすれちゃうと、チキンライスon卵焼きになっちゃいますよ((+_+))

 

CIMG9764.jpg

CIMG9768.jpg

CIMG9769.jpg

というわけで、完成です!!!

最後、上手に作るポイントとして、

「お皿に盛るとき、フライパンを逆手に持ち、コロンとお皿に乗せる」

「そして、クッキングペーパーを被せて形を整える」

をすれば、だれでも上手にオムライスを作れます。

 

全員の完成を待って、みんなで一緒に「いただきま〜す」

CIMG9773.jpg

CIMG9778.jpg

CIMG9779.jpg

CIMG9784.jpg

CIMG9792.jpg

どこを見ても黙々と食べています。

そりゃあ、自分で作ったオムライスの味は格別ですよね。

大人の分量なんですが、何人かおかわりまでしていました( ;´Д`)

食べすぎ注意ですな(笑)

 

CIMG9795.jpg

CIMG9796.jpg

CIMG9797.jpg

上の子などは食べるというより『食らいつく!!』って感じ。

やっぱり美味しいものを食べる事って、元気の源になるんだなぁって改めて感じました。

「コンビニとかの味と全然違う!」って言葉が印象的でしたね。

 

 

最後にみんなに内緒にしていたのですが、カゴメさんから

【オムライス検定 オムライスアンバサダー 3級認定書】

が授与されました。

CIMG9807.jpg

 

これは、カゴメさんが社内で行っている検定だそうで今回特別に頂きました。

こういった形で小学生だけのオムライス作りを外部でやるというのはカゴメさんでも実施したことがなく、鶴巻児童館が同形式初挑戦だったとのこと。

何より最初の写真の緊張感と、最後の食べている姿の写真のコントラストを見て頂ければ楽しかったかは一目瞭然ですね。

これからもぜひ爐いしく、楽しい”行事を開催できればと思っています。

 

CIMG9813.jpg

カゴメ株式会社のみなさん、みちのく未来基金のみなさん、ありがとうございました!!

 

 

<追伸 レシピはこちらです>

カゴメさんのホームページでは、別のオムライスレシピなども載っていますよ。

| 鶴巻児童館 | 11:38 | comments(2) | - | pookmark |
コメント
2月はホントに過ぎるのが早いねぇ。
「丸光デパートの食堂のオムライス」ってのは、私が子どもの頃のあこがれの食べ物。
友だちが食べたなんて言ったものなら、「どんな味だった?」って話題の中心。ほんの50年くらい前の話。
時間が過ぎるのが早いのは、2月だけじゃあないねぇ。
| 平山ラーメン | 2017/02/27 10:09 AM |
>ラーメンさん

ほんの50年前ですかΣ(゚Д゚;)!!!!

丸光デパートがどこなのか分からないですが…爐△海れの食べ物″って良いですね。
「どんな味だった?」って質問自体、今の子どもたちの中で聞いたことないかもしれません。

時間が経つのは早いですが、50年後子どもたちが牴かしい、食べたい思い出の食べ物″として『あ!あの時食べたオムライス!!』とか言えるような行事を、これからも企画していきたいと思います。


…2月過ぎるの早い…なんて言ってられない。次の行事は…あ、3月11日に開館10周年記念でみんなでお昼にカレーを食べます!!お近くの方はぜひご参加ください(*^_^*)ノ
| せろり | 2017/02/28 6:53 AM |
コメントする